ウォーレン・バフェット ウォッチャー

"投資の神様"と名高いウォーレン・バフェット氏をウォッチするブログ。同氏がCEOを務めるバークシャー・ハサウェイ社の動向と関連する情報をフォローする。

バフェットの総資産

バフェットは以前から、自身がCEOを務めるバークシャー・ハサウェイ社の保有株式が自身の総資産の99%以上を占めると公言しています。では、バフェットが保有するバークシャー・ハサウェイ社の株式数はどれほどなのでしょうか?


バークシャーはClass A・Class Bと2種類の株を発行しています。Class AはClass Bの10,000倍の議決権(Voting Power)と1,500倍の経済的持分(Economic Interest)を持つように設定されています。同社がSEC(アメリカ証券取引委員会)に提出した資料によると、2017年3月8日時点での夫々の発行済み株式数とそこから算出される議決権・経済的持分は以下の通りとなっています。



対して、バフェットの保有株式数とそこから算出される議決権・経済的持分は以下の通りです。



バフェットの持分を分子、バークシャーの発行済み株式数を分母として計算すると、バフェットが保有するバークシャーの議決権比率は32.7%、経済的持分比率は17.9%になります。


バークシャーの時価総額にバフェットの経済的持分比率をかけると、彼の大凡の総資産額がわかります。是非一度計算してみてください!




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。